THIS IS YOUR LIFE!

人生後半の処世術について考えます

宮澤博行議員のパパ活不倫辞職②(算命学)

 

氏の人柄については、次のような高校の同級生の証言がある。※

・バカ正直でバカ真面目、一言で言えば愚直という言葉がピッタリな人間。

・ほかの生徒が不真面目に掃除をしていると「俺が1人で掃除、もう1回やり直す」と申し出た…「俺がやるから」そういうスタンス。

・本当に努力の人…眠気を覚ますために机の上に五寸釘が刺さっていて、頭が垂れたら激痛で起きるというような環境に置いていたといううわさも聞く。

※ https://times.abema.tv/articles/-/10124493?page=1

 

同級生の証言を信じるなら、氏のマスコミ対応には裏がないように思われるが…。

そこで、氏の陽占(人体図)を観ると、次の通り。

     龍高星 天貴星

 玉堂星 牽牛星 鳳閣星

 天南星 石門星 天印星

 

なるほど、わかりやすい。

同級生の証言にあるのは主星の牽牛星の特徴そのままというか、度を越して、明らかに陽転しすぎ。

「こうすべき」という自分のなかにあるルールに縛られすぎていて、柔軟に対応できない感じ。だから、今回もルール違反が即、辞職にまでいってしまう。

氏は「切腹」と言っていたが、一見、今回の辞職は潔くみえる。でも、それってどうなんだろう…。

自分だけで勝手に突っ走っちゃって、家族はどうなるの?秘書や後援者など一緒にやってきた関係者は置いてけぼり?仕掛中の大切な仕事はないの?…など、そういう責任をすべて放ったらかして、辞めて責任をとるって…。それって、結局は自分のプライドのことだけしか考えていない、ある意味、無責任なのではないのか?!

やることが短絡的というか、青臭いというか、龍高星玉堂星が働いていない(知恵が足らない)し、十大主星主星が天南星・天印星・天貴星という若い十二大従星と結びついて悪く出た感じがする。

加えて、氏は、中学生の頃「雨の日も風の日も私はまっつぐに生きてきたことを誇りに思う」と文集に書いていたそうだが、くそ真面が自分のアイデンティティになってしまっていて(牽牛星+石門星)、このままではおそらく変われない。

派閥を裏切ったのは主要ポストを独占する上層部への不満からで、石門星も「上への反抗」というカタチで悪く出ちゃっている。親の場所に龍高星があるから、目上のひとには素直で気に入られやすく、その力添えで政治家になれたのだろうが、自分の努力だとうぬぼれてしまったか…。

そして、極めつけは鳳閣星で、氏が「休みを取らずに、ずっと働き続けるというやり方を取ってまして。それがこういう結果になった」「欲が出てしまう生活スタイルだったかもしれない」というように、陽転しすぎた牽牛星のストレスが性欲の発散に向かった。

性欲が悪いのではない。(不要な外出の自粛がもとめられている)緊急事態宣言下でパパ活不倫って…あんたのモラルはどうなってるの?!という話だ。

辞職するんだったら、自分の不祥事ではなく政治家としての不祥事、すなわち、裏金問題のときだったよね?!

このタイミングで辞職したんじゃあ、裏金問題のときの対応も「結局は保身のためじゃーん」と思われても仕方がない。

パパ活不倫だって、若い女性と同棲、もといルームシェアを解消した直後には、既に後援者の間ではうわさになっていたらしいではないか。だったら、裏金問題で派閥を裏切ったときにリークされることくらい、容易に想像できたよね?!

なのに、俺は派閥に残って介錯するって…。

知恵が足らないというか、完全に言動を見誤ってしまった。

 

と、まあ、他人の批判をするのはたやすい。

自分だっておかしい星の使いかたをして総スカンを食らいかねないし、自分のことを省みる機会にすべきなのだろう…。

で、占い師やカウンセラーとしては、批評家じゃないんだから、だったらどう立て直していくかを考えないといけない。ダメなところを指摘して悦に入っていたり、「だから改めろ」だけで具体的な解決策を示せなかったり、それではプロとして失格なのだろう…。

次回は、どんなアドバイスができるのか、考えてみたい。

 

ちなみに、氏の政治家人生は、守護神法で観てもわかりやすい。

氏は丑月生まれの丙で、牽牛星は守護神の水、鳳閣星は忌神の土から出ているので、くそ真面目にがんばって運を伸ばしたが、度を越した性欲でその運を一気に失った。陽の光を水面に反映してくれていた湖が流されてきた土砂で濁ってしまった、そんな感じだ。

 

宮澤博行議員のパパ活不倫辞職①(算命学)

 

パパ活不倫で話題の宮澤博行氏が国会議員を辞職した。

「記憶にございます」と週刊誌記者からの指摘をあらかた認めて、さらに指摘されていないことまで暴露して、私としては(嫌いではないが)なにか違和感がある。

昨年の裏金疑惑のときもそうだった…「しゃべるな! しゃべるな!」と派閥から指示があったとみずから暴露して話題になった。

それに、なにも辞職までする必要はないように思う。

国会議員の不倫やパパ活、セクハラの報道は日常茶飯事で、少し前に報道された「赤ベンツホテル不倫」の広瀬めぐみ氏しかり、謝罪と役職辞任/離党して、あとは世間の関心が薄れるまでジッと待つひとがほとんどなのに、なぜ…。

防衛問題に取り組む志で国会議員になって、防衛副大臣になってこれからというときに、すべてをあっさりと捨ててしまった。

比例復活で当選したから離党で議員を辞めるのは当然…確かにその通りだが、だからといって、そんなにあっさりと辞められるものだろうか…。

 

あるいは、すべてを認めて辞職までしたのは氏の策略ではないか、という穿った見かたもある。「捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という言葉もあるが、全面的に謝罪して「そこまでしなくても…」というところまで責任をとることで、逆に世間の同情を買おうとしているというわけだ。

氏も「出来心」ということを強調しているが、誰だって(程度の差はあれ)ほんの出来心で…ということはあり得る。

だから、なにも辞めなくても…と同情しちゃうわけで、メディアでも氏の対応を評価するようなコメントも複数見られる。

 

本当のところどっちなのかはわからないが、二つの出来事を通じて見える氏の心理構造について、算命学の観点から考察する。

 

算命学の鑑定マニュアル

 

これまで算命学の基礎知識をnoteに書いてきましたが、今回はその最終回として「鑑定マニュアル」をまとめした。

あくまで「基礎」の知識/技法に限られますが、それでも事例によっては深くまで読むことができます。

鑑定できるようになるには「知識が2割、実践が8割」です。

みなさまの鑑定の練習を始める教科書/参考書にしていただけたら幸いです。

解説の足らないところなど、今後も内容を充実させていきたいと思いますが、購入いただいたかたは、更新後も追加料金なしで閲覧できるので、ご安心ください。

よろしくお願いします<(_ _)>

元横綱の曙太郎氏、死去(算命学)

 

横綱曙太郎氏が逝去された。

まだ54歳だった。

氏の活躍と早すぎる死にはどんな宿命からの力が働いていたのか、算命学で観た。

氏の宿命は次の通り(1969/5/8生)。

癸 己      車騎星 天胡星

未 巳  禄存星 牽牛星 龍高星

丁 戊   天庫星 車騎星 天報星

乙 庚

己 丙 

71 61 51 41 31 21 11 1

 壬 癸 甲 乙 丙 丁 戊

 戌 亥 子 丑 寅 卯 辰

 

生年中殺

◇巳月生まれの癸水で、守護神は辛・壬、忌神は火・土だが、3つある土は調和の忌神でもある。
しかも、2つ透干して天将星の根を持つので、忌神帝旺。ただ、地支が半会で変化するので、意味は弱まる。

◇酉と巳が半会すると、殺印相生格

◇年干・月干の己=官は、天将星の根で大半会だから、出世運は良く、大きく展開する。

 

この宿命を、氏はどう生きたのだろうか?

◇生年中殺
相撲界に入ったのは1988年(戊辰、18歳)で、ハワイには戻れないと覚悟していたというから、生年中殺の影響はかなり和らいでいるかもしれない。

◇殺印相生格
同期に若貴兄弟がいるが、「若貴がいたから横綱になれた」と氏も言うように殺印相生格が動いたのだろう、相撲経験もないのに1990年(庚午)には新入幕とスピード出世を果たして、彼らよりも先に横綱になった。
体格には恵まれていたものの、運勢の後押しがあったのは間違いない。

◇忌神帝旺
表の若貴兄弟に対して裏の悪役という立ち位置も合っていたが、それでも、官が上がると日干の運勢は下がる。
結果、ケガに悩まされて2001年1月(庚辰、31歳)に引退。
また、タニマチに結婚を猛反対されて後援会は解散、そのため年寄株を買えずに相撲界には残れなかった。ちなみに、結婚した1998年(戊寅)は妻の干の納音で、最悪のタイミングだった。
2003年(癸未、34歳)は律音。格闘技で新たなスタートを切るも、思うような活躍はできなかった。
そして2017年(丁酉)の天中殺、試合後に救急搬送、記憶障害が残って亡くなるまで長期入院となった。51歳からの大運は大半会なので、病状が一気に悪化したのかもしれない。

 

氏の人生は、殺印相生格と忌神帝旺の影響で運の波が激しいが、もうひとつ気づくのは、氏の健康運が悪いことだ。

氏の宿命で健康=寿は木だが、地支蔵干に乙が1つあるだけで、周りは、これを刈る金と、火はあるが水がないので、このままだと枯れてしまう。

31歳からの大運は寿が周り、消化して満身創痍の身体で格闘技を続けることができたが、41歳からは干合でとられてしまう。天中殺で長期入院となったのも、それまでのひずみが溜まっていたのだろう。

そして今年、寿が周ったが、もう消化できるだけの体力はなかった。

よきライバルだった貴乃花は、氏の訃報に接して「百折不撓の人生」と評しているが、ケガと闘いながら横綱としてのプライドを捨てずに、最後は優勝して引退した。

氏の冥福をお祈りしたい。

 

算命学(基礎)第5回のテキストを投稿しました

 

今回は、算命学の柱のひとつである天中殺について解説しました。

天中殺とは何かと問われると、合理的な説明はなかなか難しいのですが、できる限り実践的な内容になるようにしました。

次回は、鑑定の簡単な手順について解説しますが、しっかりした鑑定ができるようになるには、とにかく基礎の知識/技法の徹底した理解が重要です。

よかったら、ご購読ください<(_ _)>

https://note.com/jofukudo/all

 

水原一平氏(大谷翔平氏の通訳)の解雇(算命学)

 

衝撃のニュースが飛び込んできました。

なぜこんなことになったのかという理由を算命学で観る場合、二つの視点があります。

ひとつは運勢上の原因ですが、ここで重要なのは、スポーツ賭博を始めたのは今年よりも前なので、今年の干支を使って「なぜスポーツ賭博をしたのか」と考えるは筋違いだということです。

今年の干支を使って考えるのならば「なぜいまばれたのか」ということでしょう。

水原一平氏の宿命は次の通りです(1984/12/31生)。

己 丙 甲     牽牛星 天馳星

亥 子 子 司禄星 禄存星 禄存星

      天報星 玉堂星 天馳星

72 62 52 42 32 22 12 2

甲 癸 壬 辛 庚 己 戊 丁

申 未 午 巳 辰 卯 寅 丑

 

氏が通訳を始めたのは、2012年(壬辰)の天中殺です。中殺されているのが禄なので、通訳を続ける限り、お金やビジネス、信用などを失う可能性があります。

2022・2023年は禄が周っているから、これまでの禄の使いかたが問われるタイミングです。報道によるとスポーツ賭博を始めたのは2021年で、ダブルで子卯の旺気刑(異性関係や人間関係のトラブルによく出ます)になる2023年に大谷翔平氏との間で問題になったのだと思います。

そして、2024年(甲辰)は大運天中殺(寿が中殺)中で年運でも天中殺(官が中殺)です。天中殺は隠していたことが暴かれるときでもあるので、禄を失い、官=名誉も失ったというわけです。

 

ちなみに、大谷翔平氏の陰占は、次の通りです(1994/7/5生)。

 壬 庚 甲

 辰 午 戌

氏は、日支が冲動で2024年(甲辰)はさらに自刑が加わるので「結婚したのが節分までだったらいいなあ…」と配偶者ばかり気になっていたのですが、水原一平氏が打たれるというカタチで出たんですね…。水原一平氏はまさに大谷翔平氏の女房役だったですもんね…。これは盲点でした。

 

さて、もうひとつの視点は「なぜスポーツ賭博をしたのか」の心理面からの分析で、陽占(人体図)で観ますが、こちらも基本的な技法で読み解くことができます。私なりの解釈は、noteのこちらの「陽占を読む基礎」の記事を更新するときに追加します。

https://note.com/jofukudo

最後は、宣伝になってすみません(笑)。noteなら一度ご購読いただくと、価格が上がっても記事は無料で更新されますので、よろしかったらご購読ください。

 

算命学(基礎)第4回のテキストを投稿しました

 

算命学(基礎)第4回のテキストをnoteの有料記事として投稿しました。

  • 今回は陽占を読むための基礎知識や簡単な技法について解説しました。前回までと同じく「こう教えてくれたらわかりやすかったのにな…」と自分が思うような内容にしました。
  • 十大主星は、五徳や五本能とリンクさせて、核から象意を広げられるように工夫しました。
  • 数週間後には、関連する有名人の鑑定事例などを入れて、内容を充実させる予定です。なお、一度ご購読いただいた記事は、無料で更新されます。

よかったら、ご購読ください<(_ _)>

https://note.com/jofukudo